タバコは歯周病に良くない?

  • ホーム > 
  • タバコは歯周病に良くない?

Q&A

タバコを吸うと歯周病に良くないというのは本当ですか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

タバコを吸う人は吸わない人と比べると歯周病になりやすく、喫煙者の歯周病は治りにくいと言われています。

タバコそのものが歯周病の原因になることはありませんが、タバコを吸うことで免疫力が下がるため、間接的に歯周病にかかりやすくなります。また、タバコに含まれるニコチンには血管が収縮する作用があり、歯茎の血行不良を引き起こします。歯茎の血流が悪くなると歯茎の腫れや出血などの症状が出にくく、歯周病の初期症状を見落としやすくなります。気がついたときには歯周病が重症化していた、ということがあり得るのです。

一覧へ戻る