矯正治療中のブラッシングについて

  • ホーム > 
  • 矯正治療中のブラッシングについて

Q&A

矯正治療中の歯磨き(ブラッシング)の注意点はありますか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正中の注意点は、歯垢(プラーク)がブラケットやワイヤーなど装置の部分に溜まりやすくなることです。歯垢が溜まれば虫歯になるリスクが高まります。当院では矯正治療に合わせて最適な歯磨き(ブラッシング)の方法をご指導いたしますので、日頃からしっかりとセルフケアするようにしてください。

矯正中でも普段と変わらないブラッシングがしたいのなら、インビザラインという透明のマウスピースを使用する矯正治療法がおすすめです。インビザラインは食事やブラッシングのときに取り外しができるため、普段通りの口腔ケアが可能になります。

一覧へ戻る