ヤニで歯が変色したら

  • ホーム > 
  • ヤニで歯が変色したら

Q&A

ヤニで黄色くなってしまった歯の色は元に戻せますか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

喫煙をしていると、タバコに含まれるヤニが歯に付着して少しずつ歯の色が黄ばんでいきます。ヤニが原因の歯の黄ばみや汚れには歯垢(プラーク)が付着しやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクも高まります。

タバコによって黄色く変色した歯は、ブラッシングだけでは元に戻せないため、歯科医院にてクリーニングの処置を受ける必要があります。クリーニングで歯に付着したヤニや歯垢を落としたあと、ホワイトニングをすることによって元の白さを取り戻すことができます。歯の変色がひどい場合は、複数回ホワイトニングを受けることをおすすめします。

一覧へ戻る