インプラントを失う理由とは

  • ホーム > 
  • インプラントを失う理由とは

Q&A

インプラントを失う原因でもっとも多いものは何ですか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントを失う原因でもっとも多いのが、インプラント周囲炎と呼ばれるトラブルです。インプラント周囲炎は歯周病に似た症状が出るのが特徴で、放置すると人工歯根を支える周囲の顎の骨を溶かし、インプラントがぐらつくようになり、最悪の場合は抜け落ちてしまうのです。

インプラント周囲炎の原因は、歯周病の感染によるものです。インプラントの外科手術後もセルフケアを怠らず、歯科医院の定期検診を受けるなど予防に努めましょう。インプラントは正しくケアをすれば長く使い続けられます。

一覧へ戻る