子供の歯を虫歯にしにくくするには

  • ホーム > 
  • 子供の歯を虫歯にしにくくするには

Q&A

子供の歯を虫歯になりにくくするにはどうしたらよいでしょうか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

新生児のお口の中には虫歯菌は存在しません。しかし、子供の成長とともに虫歯になる原因として、周囲の大人とのキスや食べ物、食器などの共有によって虫歯菌が子供にうつることが挙げられています。

そのため、保護者の方は、赤ちゃんに歯が生えてきたら、上記の行為はなるべく避けたいところですが、完全になくすには無理があります。そこで、乳歯が生えてきたら保護者の手で丁寧にブラッシングをしてあげてください。とくに、子供が小さいときは仕上げ磨きが重要となるため、虫歯になりやすい奥歯などを重点的に磨いてあげるといいでしょう。

また、子供の虫歯予防の効果的な処置として、歯質を強くして初期虫歯を予防するフッ素塗布や、複雑な形状をした奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋めるシーラントなどの処置があります。

一覧へ戻る