大人にも矯正治療を行うメリットはありますか?

  • ホーム > 
  • 大人にも矯正治療を行うメリットはありますか?

Q&A

大人にも矯正治療を行うメリットはありますか?

歯並びが悪く、食事のたびにものが挟まって不便なのですが、今さら矯正治療をしても遅いような気がして、歯科医院に足が向きません。大人になってから歯並びを整えることにメリットはあるのでしょうか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

整った歯並びは見た目がいいだけでなく、口腔内の環境や体全体の健康にもいい影響を及ぼします。歯の機能を良好に保つことが生活の質の向上につながるので、歯並びの悪い方は大人であっても矯正治療を検討しましょう。

矯正治療を行うメリットとは

矯正治療は、歯の審美性を高めるものというイメージが強いですが、歯並びを改善することには、審美性の向上以外にも虫歯や歯周病の予防、歯ぎしりの改善など様々な効果があります。

歯並びが良くなると、ブラッシングの磨き残しが少なくなり、口腔内を清潔に保つことができます。さらに、噛み合わせのバランスも良くなるので、睡眠時の歯ぎしりも軽減されるのです。自分の歯並びに慣れている大人は、歯科矯正の効果を軽視しがちですが、歯並びは想像以上に体に影響を及ぼすものなので、矯正によってメンテナンスをすることが大切です。

矯正治療は大人になってからでも遅くない

顎が発達途中にあるうちは、歯を動かしやすく、矯正治療で全体のバランスを整えやすいことは確かです。しかし、矯正器具を装着している期間は、お口の中の違和感に耐えたり、入念なブラッシングが必要だったりと、本人の努力や我慢が必要不可欠です。そのため、治療に消極的な子供は途中で治療をあきらめてしまうことも少なくありません。

大人になってからなら、矯正治療の大切さやメンテナンスの必要性を十分に理解したうえで治療を始めることができます。親に押し付けられるのではなく、歯科医院と相談して自分に合った治療計画を練ることができるという点が、大人の歯科矯正の最大のメリットと言えるでしょう。

また、矯正治療中の成長発育を考える必要がないので、矯正治療を成功に導く計画が立てやすく、予測しえない不都合が起こりにくいという利点もあります。歯は死ぬまで一生使うものなので、大人になってから矯正治療を受けても全く遅くはないでしょう。

歯科矯正を行う場合に我慢すべきこと

タバコの煙に含まれるニコチンは、血管の収縮を促進し、歯が正しい位置に動こうとするのを妨げます。矯正治療の効果を得るためには、治療中の喫煙は控えるべきです。

また、タバコを吸うと歯に黄色い汚れがつきますが、矯正装置をつけている箇所には汚れがつかないため、装置を取り外した際に、歯がまだら模様になってしまうリスクもあります。歯の機能と見た目のためには矯正治療中かどうかに関わらずタバコを控えるようにしましょう。

栄スワン歯科・矯正歯科 院長より

大人になってからの矯正治療を検討するとき、気にかかるのはその治療期間と費用の問題でしょう。大人は子供と比べて歯の動く速度が遅いため、治療期間はどうしても子供の場合より長くなります。

しかし、現在では目立ちにくい裏側ブラケット矯正や、取り外し可能でストレスも少ないマウスピース矯正が一般的になっているので、治療中の見た目を気にすることなく、治療を始めることができます。治療前の歯並びの状況によって最適の治療は様々なので、費用や治療期間の要望も含めて、大人の矯正治療に関わる疑問は当院にご相談ください。

一覧へ戻る