痛みを放置しても治りません~一般歯科~

  • ホーム > 
  • 痛みを放置しても治りません~一般歯科~

歯の痛みを放置しないでください

歯の痛みを放置しないでください

食事をしている時や飲み物を飲んだ時に、「歯が痛い」「歯ぐきにしみる」など気になる症状はありませんか? 痛みがすぐにおさまったから大丈夫だろうと放置していると、気づかぬうちに症状がどんどん進行してしまうことがあります。虫歯の場合、ひとたび歯に穴が開いてしまうと治療をしても元の健康な歯には戻せません。

早期の虫歯であれば削らずにすむこともあります。そのため、少しでもお口に違和感を覚えた際は、名古屋市・栄駅徒歩3分の「栄スワン歯科・矯正歯科」へお越しください。治療時の痛みが不安な方も安心して治療を受けられるよう、当院では積極的に無痛治療に取り組んでいまます。どうぞ安心してご来院ください。

虫歯を放置すると

虫歯を放置すると

虫歯をそのまま放置していると、やがて我慢できないほどの痛みに襲われたり、歯の神経が死んでしまったりして、大切な歯を失うことにもなりかねません。ひどい痛みに耐えかねて、歯医者に駆け込んだ時にはすでに虫歯が悪化し、難しい治療が必要になったり、治療期間が長引いたりして、費用もたくさんかかることになってしまいます。

「歯が痛い」「歯ぐきにしみる」などの初期症状は、大切な身体からのサインです。虫歯も早期であれば、削らずに治ることがあります。一日も早い受診で大切な歯を守りましょう。

虫歯を放置することのリスク

  • 虫歯が神経にまで達してしまい、抜歯せざるを得なくなる
  • ひどい痛みに襲われる
  • 簡単な治療では済まなくなる
  • 治療にかかる時間も費用も増える
  • 神経にまで達した虫歯の治療は痛みを伴うことが多い
  • 全身の健康に悪影響を及ぼすこともある

痛みを抑える取り組み

痛みを抑える取り組み

「虫歯の治療は痛い」というイメージから、症状に気づいてもなかなか歯医者に行くことができない方も多いのではないでしょうか。患者様が感じる痛みや不安を少しでも軽減するため、当院では歯科医の技術向上への取り組みはもちろん、局所麻酔の前に表面麻酔を行うなど、無痛治療への取り組みを行っております。

表面麻酔

注射による局所麻酔の前に、ゼリー状の表面麻酔を塗布することによって、麻酔時の痛みを軽減します。

局所麻酔

局所麻酔は、インプラント治療、親知らずの抜歯や歯周ポケット内の歯石除去など手術以外でも広く使われており、麻酔による体への影響は少なく安全性も問題ありません。

笑気麻酔

ほんのり甘い香りのする笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法です。意識はありますがリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、不快な痛みや音はほとんど気になりません。うとうとしている状態ですが、吸入を止めればすぐに覚醒した状態に戻ります。治療への恐怖心や不安が強い方に採用しています。

静脈内鎮静法

痛みへの不安が強い方には、静脈内鎮静法という麻酔法を用いて、うとうとと眠っているような状態で治療を行うことも可能です。腕の静脈に鎮静剤を注入する方法です。麻酔担当医が患者様の血圧や呼吸の状態をモニタリングしながら行いますので、ご安心ください。

スキルアップ・技術研鑽

治療時の痛みの程度には、ドクターの技術が大きく関わってきます。当院は日々技術研鑚に努め、患者様の治療時のストレスを軽減します。