インビザライン矯正について

  • ホーム > 
  • インビザライン矯正について

インビザライン矯正について

2009年~2017年実績 累計2,000症例突破

東京の新宿・東京駅、名古屋の名古屋駅・栄・港・ミッドランドスクエア・東郷町にて医院を運営するスワン会(スワン歯科)は、矯正治療を得意とする医療法人です。7つの医院では、「患者様第一の歯科医療」を掲げてさまざまな矯正治療を行っています。こちらでは近年人気の目立たない矯正装置「インビザライン」の特徴についてご説明します。

インビザラインとは

「誰にも気づかれずに矯正を受けたい」そんな希望にお応えします

「誰にも気づかれずに矯正を受けたい」そんな希望ににお応えします

矯正治療を受けたいと考えても「矯正治療時の見た目」が気になって、歯科医院の受診に踏み切れないという方は少なくないでしょう。違和感のある装置を付けていては、仕事や学業に支障が出るのでは……と心配されるのも無理はありません。裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正ともいいます)なら矯正治療時の見た目の問題を解消することができますが、現在では「インビザライン」による矯正治療を選ぶ方が増えています。

インビザラインは、マウスピース型の矯正装置。薄く透明で、取り外すことができ、装着の際も目立ちにくいのが最大の特徴です。インビザライン治療では、患者様の歯並びに応じて緻密に設計・作製されたマウスピースを継続的に装着し、2週間ごとに新しいものに交換していくことで少しずつ歯を動かしていきます。

インビザラインの「目立たない」「取り外しできる」というメリットは多くの方に受け入れられ、世界的にはすでに140万人を超える方がインビザライン治療によって歯の悩みを解消しています。「目立つ装置は付けたくない」「痛みが出るのは嫌だ」という方は、インビザラインによる矯正治療を検討されてはいかがでしょうか?

インビザラインとワイヤー矯正の特徴
インビザライン ワイヤー矯正
期間 数ヶ月~2年程度(症例による) 数ヶ月~2年程度(症例による)
適応年齢 幅広い年齢の方に対応可能 年齢に制限はないが、成長期にある子どもは効果が出やすい
装着感 マウスピース型の装置のため違和感は少ない 歯の表面(裏側矯正なら舌側)にワイヤーを装着するので違和感が出やすい
見た目 透明なので目立たない 装置の材質を工夫することで目立ちにくくすることはできるが、マウスピースほどではない
痛み 一般的には、通常の矯正と比較すると痛みを感じにくい(個人差あり) 痛みを感じる場合がある(個人差あり)
日常生活 着脱可能なので普段通りの歯みがきや食事が可能 取り外せないので、歯みがきや食事の際に注意が必要

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院のスタッフが、インビザラインによる治療体験日記をブログで公開しています

インビザラインならではのメリット

透明で装着時に目立たない 薄く透明な装置なので、装着していても気付かれることはほとんどありません。
金属アレルギーのリスクがない インビザラインはポリウレタン製なので、金属アレルギーの方でも問題なく治療を進めることができます
食事の際のストレスがない 従来の矯正装置では、破損を防ぐため、硬いものや粘り気がある食事は避けなければなりませんでした。インビザラインなら食事中に取り外せるので、食事内容に制限がありません。
口腔内を傷つけない 従来の矯正装置では、ワイヤーや留め具がお口の内部の粘膜や舌に当たり痛みを感じることがありましたが、インビザラインは口腔内を傷つけません。
歯のお手入れがしやすい インビザラインを取り外せば、矯正治療期間中も普段通りにブラッシングやフロスがけを行うことができます。
治療期間が比較的短い 矯正装置が目立ちにくい裏側矯正と比べて、比較的治療期間が短く済みます。
治療過程がわかりやすい 歯が動いていく過程をシミュレーションしてマウスピースを作成するので、治療完了までの歯の状態や治療のゴールがイメージしやすくなります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

治療開始までの期間を短縮する光学印象機器

光学印象機器は、マウスピース作製に必要な工程である「歯の型採り」を光学スキャンで行う機器です。歯に特殊な光を当てることで正確な歯型を採取でき、歯型のデータはインターネットを通じてすぐにアメリカのアライン社へと送られます。最新鋭の機器を使えば、治療開始までの期間が短縮でき、矯正治療を受けられる患者様の負担の軽減にもつながります。

  • 光学印象機器
  • 光学印象機器
短時間で高精度な歯型を採取できる 特殊な光を歯に当てて型を採るので、粘土状の印象材を用いるより、短時間で精密な歯型を採取することが可能です。型を採った後に変形してしまう心配もなく、フィット性に優れたマウスピースを作製できます。
リアルタイムで歯型を確認できる スキャンの経過はリアルタイムで確認でき、採取したデータをそのまま治療のシミュレーションに使用することが可能です。アメリカまで歯型を輸送する手間がないので、矯正治療の計画が完成するまでの期間も最短で2~3日程度と大幅に短縮されます。また、歯型が不鮮明な箇所がないかその場で確認できるので、再度の型採りもありません。
リラックスして歯の型採りができる 印象材とトレーを使った型採りは、口の中に印象材を入れたまま数分間待つ必要がありましたが、光学印象機器なら上下顎すべてのスキャンが約1分でできるため快適に型を採れます。リラックスして型採りを進められるので、印象材とトレーを使った型採りで嘔吐反射がおきやすい方も安心です。
ディスポーサブル(使い捨て)で清潔 スキャナーの先端部分は、いつでも取り外して新しいものと交換することができ、とても清潔です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

他のマウスピースとの違い

治療経過を精密にシミュレーションできる

治療のゴールはもちろん、治療経過の状態を確認することが、患者様の治療中の不安や負担を軽減することにつながります。事前に歯が動いていく過程をイメージできるので、矯正治療へのモチベーションが維持しやすいというメリットがあります。

CAD/CAMを用いて設計・作製する

1回の型採りで治療に使用するすべてのマウスピースを作製するため、作製のためだけに医院に通う必要がありません。また、コンピュータを利用して設計するため、人の手では不可能な0.2~0.3mmの範囲で歯を動かすことができます。少しずつ歯を動かすことが、矯正中の痛みの軽減につながります。

世界45カ国で治療実績がある

インビザラインは最新鋭の矯正治療のひとつですが、世界ではすでに173万人を超える患者様が治療を経験しています。医療機関の認定制度などをはじめ、治療技術に対しても的確なガイドラインを持っている安心のシステムといえるでしょう。

驚きの満足度!173万人以上が体験した矯正治療「インビザライン」

  • インビザライン01
  • インビザライン02
  • インビザライン03

インビザラインは、歯科先進国であるアメリカで開発され、これまでに世界各国で173万人以上の患者様の矯正治療に使用されてきました。アメリカのアンケート調査では、インビザライン治療を受けた方の96%以上が治療結果に「満足している」と答え、94%が「知人にもすすめたい」と答えています。

インビザライン円グラフ

矯正の進め方

1.検査・診断 2.歯型の採取 3.アライン社にて装置を作製 4.治療開始 5.治療終了・保定
検査によって、お口の中の状況を詳しく調べます。検査結果をもとに、治療方針を検討し、内容をご説明します。 患者様の歯型を採り、インターネットを通じてアメリカのアライン社にデータを送信します。 3Dコンピュータを用いて患者様の歯型にぴったりのマウスピースを作製します。 マウスピースを2週間ごとに新しいものと取り換え、段階的に歯を動かしていきます。 治療終了後は、他の治療方法同様、保定期間が必要です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

クリンチェック

ご自身の歯が動いていくプロセスを事前にご確認いただけます。

インビザラインティーン

インビザラインティーン

インビザライン矯正は成長段階にある16歳以下の方でも、受けていただくことが可能です。2012年に登場した「インビザラインティーン」は、11歳~16歳のお子様に対応した矯正装置で、乳歯がすべて抜けていることを条件にご使用いただけます。目立ちにくく、痛みも少ないインビザラインティーンなら、きれいな歯並びと同時に、思春期の素敵な思い出を手に入れることができるでしょう。

インビザライン治療の注意点

症例によっては適応できない場合もあります~非適応症例~

インビザラインによる矯正は、どんな症例にも適応できるわけではありません。以下のような症状がある場合は、インビザライン以外の治療法をおすすめすることがあります。

歯並びが大きく乱れている場合

歯が著しく凸凹に生えていて、歯を動かす距離が長かったり、歯根を動かさなければいけなかったりする場合は適しません。ただし、ワイヤーや留め具を使って行うブラケット治療と併用すれば、インビザラインによる治療も可能です。
※歯根を移動させる段階ではブラケットを、それ以外の段階ではインビザラインを使用します。併用することでブラケットのみでの矯正よりも治療期間を短縮できます。

顎の骨格が前後・左右にズレている場合

上下の顎の位置にズレがある場合はインビザラインをお使いいただけません。

第二大臼歯が生えていない場合

乳歯がすべて抜けていればインビザラインでの矯正が可能です。しかし、第二大臼歯が生えていない状態では理想的な効果を得ることができないため、時期や方法を検討する必要があるでしょう。個人差はありますが、中学生以降なら第二大臼歯が生えていることが多くなります。

理想的な効果を得るために患者様の協力が必要です

インビザラインも他の矯正治療と同様、患者様の協力なしには満足のいく治療結果が得られません。スムーズに治療を進めるためにも、歯科医師の指示は必ず守りましょう。

1日20時間以上の装着

インビザラインは取り外し式の装置です。装着するかどうかは患者様の意志にゆだねられますが、装着しない時間が長いと治療が思うように進まないおそれがあります。

食事中やブラッシング時には必ず取り外すこと

インビザラインを装着したまま食事やブラッシングをすると、装置を傷つけてしまう可能性があります。面倒でも必ず取り外しましょう。

定期的な通院

インビザラインは2週間ごとに装置を交換し、歯を理想的な位置へ誘導する治療です。矯正期間中は2~3ヶ月に一度の決められた間隔で通院し、歯科医師と相談しながら治療を進めましょう。