奥歯の銀歯が目立って気になっています。

  • ホーム > 
  • 奥歯の銀歯が目立って気になっています。

Q&A

銀歯が目立って気になっています。

以前、むし歯の治療で銀歯を入れました。前歯に近いので、口を開けると銀歯が目立ち気になります。笑ったりすると奥歯の銀歯も見える気がするので、どちらも自然な白い歯にしたいです。白くするにはどういう方法がありますか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

金属製の補綴物、いわゆる銀歯は白い歯列の中で色が目立つため、コンプレックスを感じている方が多くいらっしゃるようです。そんな方には、白い詰め物・被せ物に替える審美治療がおすすめです。様々な素材をご用意し、患者様のご希望に合わせた最適な方法をご提案いたします。

審美治療で、白く自然な歯を手に入れる

銀歯は保険が適用されるので安価に治療を受けられ、強度もあるため、従来では特に負荷がかかる奥歯の詰め物・被せ物として利用されてきました。しかし、金属アレルギーの心配や色が目立つというデメリットもあり、近年では銀歯以外の詰め物・被せ物を選ばれる患者様が増加。それに比例するように、銀歯を白い詰め物・被せ物に替えたいというご希望も増えてきています。

銀歯を取り除き、白い詰め物・被せ物に替える方法はいくつかありますが、大きく保険適用内と適用外の方法に分けられます。

保険適用内の主な素材は、歯科用プラスチック(レジン)を用いた詰め物・被せ物です。加工がしやすく安価ですが、強度が弱く数年で変色してしまうことがあります。保険適用外では、セラミッククラウンやジルコニアなど。特にセラミックは、透明感や適度な強度を持つ優れた素材で、変色しにくいという特徴があります。

スワン歯科のセラミック治療
e-max

高性能のセラミック歯作成機器(セラミックシステム)を使い詰め物・被せ物を作製します。素材はガラス系の成分を含むセラミックです。

セラミッククラウン

セラミックのみでつくられたクラウンです。水分を吸収しないので、変色や口臭などの心配もありません。天然歯のような柔らかさがあり、噛み合う対向歯に負担をかけません。

プロセラ

最先端のオールセラミックシステムで作製します。従来のセラミックに比べ、3~5倍の強度を持つため破損しにくく、奥歯にも適しています。強く噛みしめてしまう癖のある方にもおすすめです。

ジルコニアクラウン

外側がセラミック、内側が人工ダイヤモンドで知られるジルコニアでできているクラウンです。強度があり、歯を削る面積を最小限に抑えられます。

メタルボンド

外側はセラミックですが、内側に金属が焼き付けられているので強度があります。金属を使っているため透明度は劣りますが、高い耐久性を持っています。

栄スワン歯科・矯正歯科 院長より

銀歯を気にすることで、人と会うのをためらったり、思いきり笑えなくなったりしてしまう方もいらっしゃいます。銀歯が気になる場合は一人で悩まず、一度歯科医院へご相談ください。しっかりとカウンセリングを行い、納得するまで相談できる歯科医院ならさらに安心です。

「銀歯の入れ替え」とひと言でいってもいくつかの方法があり、症状や治療箇所、費用面に応じて選択することが可能です。スワン歯科では長持ちさせたい、金属アレルギーの心配がないものがよいなど、患者様のご要望に合わせた最善の方法をご提案いたします。

一覧へ戻る