口の中のトラブル解決はお早めに~口腔外科~

  • ホーム > 
  • 口の中のトラブル解決はお早めに~口腔外科~

お口のトラブルを解消する口腔外科

お口のトラブルを解消する口腔外科

お口は食事をしたり、力を入れる際に食いしばったりするなどさまざまな役割を担っています。そのため、病気やケガに見舞われることも多いため、つねに的確なケアが必要です。万が一、何らかのお口のトラブルで親知らずが痛んだり、歯が折れたり、唇が切れたりした場合の治療に関しては口腔外科を受診してください。

口腔外科とは歯や歯ぐきだけでなく、顎や唇、口腔内すべての診察や処置を行う診療科目のことです。名古屋市の歯医者「栄スワン歯科・矯正歯科」では口腔・顎・顔面に発生するあらゆる病気やケガの診察・治療を行っています。突然の事故などで歯が折れたり、抜けたりした場合は、どうぞ慌てずにできるだけ早く当院までご来院ください。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

「親知らず」とは前歯の中央から数えて8本目に当たり、20歳前後に生えてくる歯のことです。柔らかい食べ物を好む現代人の顎は細くなっており、親知らずがまっすぐ生えるにはスペースが足りないケースが多々あります。そうした歯並びに悪影響を及ぼしたり、虫歯や炎症、痛みを引き起こしたりする危険性がある場合は抜歯が必要です。ただ、痛み・炎症などのトラブルが起きておらず、きちんと噛み合っている場合には必ずしも抜く必要はありません。

親知らずの種類
通常の親知らず
まっすぐ生えている親知らずです。痛みなどの症状がなければまったく問題ありません。ただ、虫歯にかからないためにもケアの徹底は重要です。
埋 伏 歯

☆完全埋伏(智)歯

完全埋伏(智)歯

歯ぐきの中に完全に埋まってしまっている親知らずです。歯並びの乱れや顎関節症の原因となる場合があります。

☆水平埋伏(智)歯

水平埋伏(智)歯

横に倒れて歯ぐきの中に埋まっている親知らずです。周囲の歯を圧迫し痛みが生じたり、歯並びに悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

☆半埋伏(智)歯

半埋伏(智)歯

歯ぐきから一部が見えている親知らずです。虫歯や歯周病になりやすく、歯並びや顎関節に影響を及ぼす場合もあります。

顎の痛みは顎関節症の可能性があります

顎の痛みは顎関節症の可能性があります

口を開けると痛かったり、カクカク音がしたり、口を大きく開けられなかったりするなどの症状がある場合は、顎関節症の疑いがあります。以下のチェックシートで一つでも該当する方は、一度歯科医院で診療を受けることをおすすめします。

顎の関節がカクカク鳴り、ミシミシ音がする 顎の関節がカクカク鳴り、ミシミシ音がする
口を開けると、顎に痛みを感じる 口を開けると、顎に痛みを感じる
虫歯ではないのに奥歯が痛い 虫歯ではないのに奥歯が痛い
顎が引っ掛かったような感じで、うまく動かない 顎が引っ掛かったような感じで、うまく動かない
指2本(約3cm)以上、口を開けることができない 指2本(約3cm)以上、口を開けることができない
顎がだるくて、食べるのがつらい 顎がだるくて、食べるのがつらい
栄スワン歯科の顎関節症の治療

栄スワン歯科の顎関節症の治療

顎関節症の原因は、歯ぎしりや食いしばりなどのクセや噛み合わせの乱れなどさまざまです。複数の原因が重なることで生じることもあります。当院では、患者様のお口の状態をしっかり検査し、的確な診断を行ったうえで最適な治療方法をご提案。顎関節症の症状が見られる方には、以下の治療を行っています。

クセ・生活習慣の改善および経過観察

食いしばり、歯ぎしり、頬杖、舌で歯を押すなどのクセ、片方ばかりで噛む、硬い物を食べずに柔らかい物ばかり食べているなどの生活習慣を改善しましょう。当院では顎関節や筋肉に負担をかけない生活習慣が身につくよう指導するとともに、ご自宅で実践できるケア方法をお伝えします。

スプリント療法(マウスピースの装着)

患者様の歯型に合わせたシリコン製のマウスピースを作製し、装着していただくことで顎の関節を正常な位置へと導きます。顎の関節や筋肉への負担を軽減する効果もあります。

補綴(ほてつ)治療

詰め物や被せ物を削るなどして失われた歯の機能を補います。噛み合わせを改善することで、顎関節症の症状を緩和させる治療です。

外科治療

上記の治療を行っても症状が改善しない場合には、外科的治療が必要となる場合もあります。 ただし、外科手術が必要となるケースは稀です。関節部を露出して行う手術や内視鏡を使用する手術など、症例によって手術法は異なります。

失われた箇所を回復させる歯周組織再生療法

歯周組織再生療法とは、特殊な薬剤や人工骨などを患部に置くことで、歯周組織の再生を促し、歯周病や事故などで失われた骨や歯ぐきなどの歯周組織を回復させる治療法です。以下の項目に当てはまる人は、歯周組織再生療法を受けることを検討しましょう。

歯周組織再生療法をおすすめする方

  • 歯がグラついているが抜歯したくない
  • 加齢や歯周病、事故などで、骨や歯ぐきが失われてしまった
  • インプラント治療を行いたいが骨が足りない
  • 歯ぐきがやせて見た目が悪い

その他の外科処置

当院では口腔がんや歯周組織の病変などに対する口腔外科治療も行っています。口腔外科学の専門的知識と豊富な実績を有する歯科医師が在籍し、口腔・顎・顔面に発生するあらゆる病気にきめ細かく対応できる体制をとっています。どうぞ安心してお任せください。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)

フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)

重度の歯周病症例で、麻酔をし、歯肉をメスで切り、歯根などに付着した歯石や感染歯質を除去する手術です。

できものや腫れものの治療

できものや腫れものの治療

口腔内炎と思っていたできものが悪性腫瘍というケースも稀にあります。油断は禁物です。

根管治療

根管治療

重度の虫歯により歯の神経が死んでしまった場合に行う治療です。虫歯菌に冒された神経や象牙質などを徹底的に除去し、洗浄・消毒した後で、根管の先端まで薬剤を詰めて密封し、歯根のうえに土台を入れ、クラウンを被せます。

外傷の治療

外傷の治療

事故や損傷などによって受けた「歯が折れた」「唇を切った」などの外傷に対して治療を行います。

スポーツ用マウスピース

スポーツ用マウスピース

スポーツ用マウスピースとは、スポーツ時の歯の損傷や口腔内のケガを防ぐため、柔らかい素材で上顎の歯を保護するものです。マウスピースは、個人個人の歯を型取りし、しっかりと食いしばれるようオーダーメイドで作製いたしますので、競技や使い心地に合わせ厚さや硬さを調整できるメリットがあります。

※一般の方は¥30,000から、学生の方は¥15,000からの作製が可能です。詳細についてはお問い合わせください

スポーツマウスピースの主な効果

  • 歯牙の破折・磨耗・脱臼防止
  • 口腔内の裂傷防止
  • 顎や顎関節の保護及び衝撃の緩和
  • 脳震盪・脳神経系および頸部損傷の予防
  • バランス感覚の向上、筋力アップ等の効果

初診のご予約は
Webからも受け付けています