皆様に安心して治療を受けて頂くために

当院で取り組んでいる感染症対策についてご案内します。 感染症予防対策はこちら

Q&A

ホワイトニングによって痛みを感じるのはどんなときですか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯の表面を覆っているエナメル質が傷ついていると、ホワイトニングの薬剤がしみこむため、知覚過敏を起こしてしまうことがあります。そのほか、歯周病で歯茎が下がっているとホワイトニングの後に歯がしみたり痛みを感じたりする場合があります。ホワイトニングによって痛みの発生が懸念される場合は、先に治療を行うのが一般的です。

過酸化水素を使用して行う歯科医院でのオフィスホワイトニングは、過酸化水素の濃度によってはしみたり痛みを感じたりしやすくなります。施術中に痛みを感じられた場合は、ホワイトニング用の薬剤を低濃度にするなどの対処を行うことができるので、我慢せずにすぐにおっしゃってください。

一方、ご自宅で行うホームホワイトニングには過酸化尿素が使用されており、こちらのほうが歯や歯茎への刺激が少なくなっています(個人差はあります)。ホームホワイトニングで痛みを感じた場合は一度使用を停止していただき、状況について歯科医院へ相談してください。

一覧へ戻る


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call052-243-4600