皆様に安心して治療を受けて頂くために

当院で取り組んでいる感染症対策についてご案内します。 感染症予防対策はこちら

Q&A

歯ぎしりの癖を止める治療方法はありますか?

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯ぎしりを止めるためには、睡眠中に「ナイトガード」というマウスピースを装着する治療を行います。また、歯の詰め物の形状や高さを調整したり、矯正治療によって歯並びを整えたりすることで歯ぎしりを改善する治療方法も考えられます。

多くの場合、歯ぎしりは無意識に行われますが、歯にかなりの負担がかかります。そのため歯がすり減ったり、詰め物や被せ物が割れてしまったりするなど、さまざまなダメージを引き起こします。顎の関節への負担も大きく、顎関節症の原因にもなります。歯ぎしりはストレスによって発生しやすいため、歯科治療を受けるのはもちろん、日頃からストレスを溜めすぎないように心がけましょう。

一覧へ戻る


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call052-243-4600