インプラントか入れ歯かで悩んでいます。費用やメリット、デメリットを比較して特徴を教えてください。

  • ホーム > 
  • インプラントか入れ歯かで悩んでいます。費用やメリット、デメリットを比較して特徴を教えてください。

Q&A

インプラントと入れ歯の違いを教えてください。

インプラントの方が噛み心地はよさそうですが、費用やメンテナンス方法が気になります。入れ歯も検討中なので、それぞれの違いを分かりやすく教えてほしいです。

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントと入れ歯には、それぞれ異なるメリットやデメリットがあります。見た目や費用、メンテナンス方法などさまざまな要素を比較して、自分に合った治療を選びましょう。治療を選ぶ際は、どんな治療が可能か歯科医院に相談することも大切です。

失った歯の機能を人工の歯で補う補綴治療

補綴(ほてつ)治療の中には、保険が適用できるものとできないものがあり、費用に大きな差が出ます。

入れ歯治療

周囲の歯を削る必要がなく、簡単な症例であれば短期間で治療ができるため、ブリッジ治療よりも人気があります。保険適用の素材を使えば、比較的安価で治療ができます。

ブリッジ治療

周囲の歯を土台とするため違和感がなく、条件次第では保険が適応されるため安価での治療が可能です。一方で、周囲の歯を削らなければならないケースがあり、削られた歯の寿命を縮めてしまうおそれがあります。

インプラント治療

天然歯と同じような感覚で力強く噛むことができ、見た目にも違和感がありません。自由診療となるため、費用は1本30~50万円と、ほかの補綴治療より高額になります。

どの治療が最善かは人それぞれ

近年では、見た目や噛み心地を重視してインプラントを選ぶ人が多数派ですが、入れ歯の技術も年々向上しており、必ずしもインプラントが最善の治療とはいえなくなっています。当院では、部分入れ歯の固定に金属のバネを使わない「ノンクラスプデンチャー」での治療も可能です。人によってはインプラントよりも入れ歯がベストな選択肢になる場合があるため、素材や技法などの細部にも目を向け、自分に合った治療法を選びましょう。

顎の骨の状態によっては希望の治療が受けられない?

インプラント治療を受けるためには、インプラントを埋め込む顎の骨に十分な厚みが必要です。しかし、歯周病によって長年入れ歯やブリッジを使っている場合、それを原因に顎の骨が痩せてしまっているケースがあります。顎の骨が痩せていると、インプラントを埋入したとしても安定させるのが難しいです。そのため、たとえ患者様がインプラント治療を希望していたとしても、入れ歯やブリッジなどの治療法を提示されることがあります。

しかし、当院なら難症例にも対応できる先端医療技術を数多く有しています。仮に患者様の顎の骨が少なかったとしても「GBR」や「サイナスリフト」などの特殊な技術を用いて、骨の厚みを補ってからインプラント治療に移ることは可能です。顎の骨が足りない(薄い)という理由から、他院でインプラント治療を断られてしまった患者様は、諦めずにぜひ一度当院にご相談ください。

栄スワン歯科・矯正歯科 院長より

インプラントは費用が高額であるものの、見た目も噛み心地も天然歯に近いので、正しくメンテナンスを行えば長い間快適に使い続けることができます。一方で、入れ歯には外れやすいというネガティブなイメージがありますが、最新の素材や技法でつくられた高性能の入れ歯を選べば、不便を感じることは少ないでしょう。

入れ歯やインプラント、どちらが最善の治療法かは患者様次第なので、ライフスタイルやニーズに合ったベストな治療法を選びましょう。当院では、経験豊富なドクターが、さまざまな治療の中からおひとりおひとりの患者様に最適な治療計画をご提案します。

一覧へ戻る