むし歯の痛みが続いているのですが、最近肩がこるようになってしまいました。これらは関係がありますか?

  • ホーム > 
  • むし歯の痛みが続いているのですが、最近肩がこるようになってしまいました。これらは関係がありますか?

Q&A

むし歯の痛みが続いているのですが、最近肩がこるようになってしまいました。これらは関係がありますか?

むし歯の痛みが続いているのですが、最近肩がこるようになってしまいました。これらは関係がありますか?

むし歯の痛みが続いているのですが、最近肩こりがひどくなったように感じています。むし歯と肩こりには何か関係があるのかどうか教えていただきたいです。よろしくお願いします。

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

むし歯の痛みだけでも辛いものですが、肩こりまで感じてしまうというのは辛いものです。むし歯と肩こりは、一見関係がないように思えるかもしれません。しかし、むし歯が肩こりを誘発してしまうケースも確かに存在することを覚えておきましょう。

噛み合わせの変化が肩こりの原因となる場合も

むし歯ができると、食事の際などにむし歯のある部分をかばってほかの歯で噛むようになるはずです。むし歯のない部分に必要以上の負荷がかかると、頭・首・肩・背中の筋肉にも負荷がかかることになります。その結果、肩こりが誘発される可能性があるのです。

また、むし歯によって噛み合わせが変化することで筋肉のバランスが崩れることも、肩こりが発生する原因として考えられるでしょう。

我慢できないときは、無理せず痛み止めの服用を

まず前提として、むし歯を作らないようにケアをしたり歯の痛みを感じた際にはすぐに治療を開始したりすることが大切です。そして、痛みを我慢できないときは痛み止めを服用し、症状を和らげることをおすすめします。また肩こりがひどい場合には、湿布などを貼るのも良いでしょう。

ただし、これらは痛みを抑えるだけの応急処置です。痛みの原因であるむし歯治療を行わなければ、痛みが続くことはもちろん、むし歯が悪化し抜歯や根幹治療が必要になることも考えられます。痛みを感じたらなるべく早く歯科医院を受診し、適切な処置を受けるようにしてください。

むし歯が原因の肩こりでやってはいけない対処法

一般的な肩こりの解消方法として、血流を促進させるためにお風呂に入ることがあります。もちろん、これは肩こりの解消方法としては有効な策と言えます。しかし、「むし歯が原因で肩こりがある」という人は、お風呂に入ることで血流の流れが活発になり、歯の痛みが強くなってしまうため注意が必要です。熱いお湯にゆっくりつかるのではなく、シャワーを浴びることをおすすめします。

また、お風呂だけでなく飲酒や運動などでも痛みが強くなることが考えられます。肩こりがひどいときの対処法は、歯科医院を受診して医師から適切なアドバイスを受けてから行うようにしてください。

栄スワン歯科・矯正歯科 院長より

むし歯によって噛み合わせが変化すると、肩こりが誘発されることがあります。まずは、むし歯をつくらないことが一番ですが、むし歯ができてしまった際には、早めに治療をするようにしましょう。

また、どうしても早期に治療が開始できず、肩こりなどを感じるようになった場合には、無理して我慢しようとせず痛み止めを服用することをおすすめします。ただし、痛み止めを服用し痛みが和らいだとしても、あくまで一時的なものにすぎません。「痛みを感じないから」と放置せず、なるべく早いうちに痛みの原因となっているむし歯の治療を開始するようにしてください。

一覧へ戻る