皆様に安心して治療を受けて頂くために

当院で取り組んでいる感染症対策についてご案内します。 感染症予防対策はこちら

Q&A

ホワイトニングはどれくらいの期間効果が持続するのか教えてください。

ホワイトニングはどれくらいの期間効果が持続するのか教えてください。

現在ホワイトニングを検討しています。しかし、ホワイトニングをした歯がどれくらいの期間白さを保てるのか気になっています。また、ホワイトニングの方法によって持続期間は変わるのかについても知りたいです。

栄スワン歯科・矯正歯科からの回答

「歯を白くしたい!」という思いは多くの方が持っているでしょう。そのためにホワイトニングをするのであれば、少しでも長く白い歯を保ちたいですよね。そこで今回は、ホワイトニングの方法によって大きく変わる、ホワイトニング効果の持続期間について見ていきます。

ホワイトニングの種類によって持続期間は異なる

ホワイトニングには、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。どちらを選ぶかによってもホワイトニング効果の持続期間は異なるので、ここではそれぞれのホワイトニングの特徴を見ていきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で受けるホワイトニングです。数回の施術で効果を得ることができますが、色戻りしやすくホワイトニング効果を保つためには定期的な施術が必要です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはご自宅で行っていただくホワイトニングです。こちらは、効果が現れるまでに時間がかかりますが、ホワイトニングの効果が長持ちしやすいのが特徴です。

なお、お口の状態によってオフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらが向いているか、またどのくらいのペースでホワイトニングを行うかは変わってきます。その点についても、歯科医師としっかり相談しましょう。

オフィスホワイトニングの場合持続期間は3~6か月

オフィスホワイトニングは、効果の持続期間が3~6か月ほどである場合が一般的で、ホームホワイトニングよりも短いと言われています。また、色戻りも起こりやすく、効果をより長く持続させるためには定期的な施術が必要となります。

しかし、オフィスホワイトニングは歯科医院で施術を行うため、使用する薬剤の濃度が高く短期間で歯を白くすることが可能です。さらに、歯科医師や歯科衛生士が施術を行うため安心感が高いのもメリットと言えるでしょう。

近いうちに結婚式など大切なイベントが控えている場合は、短期間で歯を白くすることができるオフィスホワイトニングを選ぶのがおすすめです。

ホームホワイトニングの場合持続期間は6~12か月

ホームホワイトニングでは、歯科医院で処方された専用のマウスピースを使って薬剤を塗布していきます。「自宅でホワイトニングができる」という手軽さに加え、すでにインビザ矯正を行っていて自分のマウスピースを持っている方は、そのマウスピースをホワイトニングで使える、といいうメリットがあります。

一方、歯をじょじょに白くしてくという特性のため、ホワイトニングの効果が出るまでに時間がかかってしまいます。ホワイトニングを検討している方は、この点に留意しておきましょう。効果は薬剤の濃度によって変わりますが、1週間で白さが1トーンほど、効果が出やすい人であれば2~4トーンほどアップします。

しかし、ホームホワイトニングは即効性こそないものの、ホワイトニングの効果が持続しやすいのが特徴。6か月~1年ほど歯の白さを持続できるとされています。また、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングなどに比べて比較的安価である点もメリットと言えるでしょう。

緊急性がなく歯を白くしたいという場合には、ホームホワイトニングを選択するのもひとつの方法です。

栄スワン歯科・矯正歯科 院長より

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングにはそれぞれ特徴があり、「どちらがよい」と断言することはできません。そのため、まずはそれぞれの特徴をしっかりと把握しましょう。そのうえで歯科医院を受診し、医師と相談しながら自分に合ったホワイトニング方法を選ぶことをおすすめします。

しかし、どちらのホワイトニングでも持続期間には個人差があることや、程度の違いはあるものの後戻りの可能性があることは知っておくようにしましょう。また、希望する白さによっては通院回数が多くなる点にも注意が必要です。

一覧へ戻る


矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!

初診予約
emailメール
診療予約
call052-243-4600